So-net無料ブログ作成

ウナギ

いま私は、酒を禁じられている。ノンアルコールビールと焼酎の薄い水割りを1日に2杯ほどの禁欲生活を送っている。2度目のMRI検査の結果が芳しくなかったからだ。自業自得ともいえるが、やはり空しい。

そうしてわかったのだが、シラフだといくらでも本が読める。毎日、1日中、本が読める。1日中、酔っていたこの数年とは大いにちがう。これはこれで、ケガの功名であった。机のかたわらに本を積みあげ、片っ端から読んでいて、すごい本に当たった。アートディレクターの井上嗣也さんに教えてもらった「ウナギと人間」(ジェイムズ・プロセック)というノンフィクションである。

アメリカ東海岸キャッツキルの川で、大規模かつ強靭な簗(やな)をつくり、毎年ハリケーンの夜に増水した流れを海に向かって大集団で移動するウナギの漁をする世捨て人のような男、NZの先住民マオリがもつ大ウナギへの畏怖と畏敬の念、ミクロネシアのポンペイ島の住民がもつ大ウナギへの呪術的な想い。日本人のウナギの蒲焼への偏愛ともいえる食文化と東大海洋研究所によるその生態への最先端の科学的探求。著者のプロセックはただただウナギへの好奇心から、それらの地を訪ね歩く。南の島国に棲息するウナギは100年近くを生き、体長3メートル、体重50キロほどになるという。その巨大にしてかつ面妖な姿に、太古から人々はさまざまな物語をつむいできた。
学者の書いた学術書ではないから面白い。中学生のころ、イギリス人青年の西アフリカ・カメルーン密林での小動物観察記「積み過ぎた箱舟」(ジェラルド・ダレル)を胸おどらせながら読んだ日々を思いだした。 

大ウナギといえば、私もNZに住んでいたころ、クライストチャーチ近郊の川で鱒釣りをしていて不思議な光景を目にしたことがある。木立の生い茂る牧草地のへりを歩いていると、川幅8メートルほどの流れの対岸でパチャパチャと音がする。木立の枝をはらってみると、長靴を履いた老人が川に1メートルほど張り出した木製の台に立って、小枝の先につけた肉団子のようなものを水面にさし出している。すると、なにか黒っぽいものが水の中からヌウッと出てきてそれを咥えて消えた。そして、またおなじことを繰り返す。何度も、なんども。そこへ雲が流れて午後の木漏れ日があたった。水中に光が射した。まがりくねったその生きものは長さ1メートル半、直径10センチはゆうにあるウナギだった。餌やりが終わったあとも、ウナギは執拗に水面に顔を出し、もっともっとという仕草をした。私は老人に「こんにちは」と挨拶をし、「ウナギ、ずいぶん慣れてますね。どのくらい餌付けをしてるのですか」と訊いた。「うーん、10年くらいかな」「餌は、何ですか」「ドッグフードさ」「彼に名前はあるんですか」「いいや、ウナギはウナギさ。だけど、わしがこの川岸にくる足音でわかるみたいで、その前に水面から顔を出すんだ。待っているんだよ」。なだらかで、静謐なたたずまい。ゆったりとした川の流れる農家の裏庭だった。

「ウナギと人間」は、ここ数年でもっとも読書の醍醐味を味わえるノンフィクションであった。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

KEVIN

ニュージーランドで渡辺さんとピーターとアインシュタインと夜釣りでシートラウトを狙いに行った時に、ピーターがうなぎを釣りましたね。
あの時ピーターは、うなぎのヌルヌルが付いたフライを糸から外し、なぜか僕のフライボックスに入れたんですよ。
by KEVIN (2017-01-25 19:18) 

TAGOSAKU

餌付けされたウナギも
おいしのでしょうか?
天然ではなくて養殖ウナギになってしまったのでしょうか?
by TAGOSAKU (2017-01-26 21:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0