So-net無料ブログ作成
検索選択

生還

娑婆の空気がやけにうまいぜ。本日、10日間ほどの入院生活を終えて、無事退院いたしました。

年末に、酔って転んで頭をうった。年明けに脳神経外科でMRI検査を受けると、頭の左半分、頭蓋骨の下にある硬膜とくも膜のあいだに血が溜まっていた。そのあと2週間おきにさらに2度MRI検査を受けたが、そのたびに血の量がふえて、その下の脳を徐々に圧迫していた。そして、その血液がかたまりつつあった。「硬膜下血種」という症状である。

そして10日ほど前の午後2時過ぎ、予約していた歯医者に行こうと準備をしている途中で右半身の自由がきかなくなり、ずるずると床にくずれ落ちた。起き上がろうとしても、全身不如意。今そこにある危機という状態に陥った。もがいてももがいても、机のまえの椅子に上がれない。いままでの自堕落な生活が走馬灯のように駆けめぐる。アルコールの海を漂いつづけた日々がよみがえる。走馬灯をおおう紙は黒い紙でできていた。けっきょく机の上に置いたケータイに手が届くまで、5時間ほどかかった。やっと連絡がついたKがかけつけ、救急車がきて、緊急病院に運ばれた。

翌日、従兄のKが名誉院長をつとめている横浜の大きな脳神経外科病院に移送。その翌日、手術が施行された。頭蓋骨の左側頭部やや後方に直径1センチほどの穴をハンドドリルであけ、チューブを通して溜まった血液を抜き、さらに生理食塩水を注入して内部を洗浄する。頭の中がきれいになったところで、あけた穴にサイズを合わせた人工骨(セラミック)の蓋をし、切開した頭皮をかぶせてホッチキスでつなぎ合わせる。頭蓋骨内部と外界とは細いドレインチューブでつながっており、血のまじった余分な分泌液は2日間にわたって外に排出される。ざっとこのような手術だったが、開口部の頭皮に局所麻酔をうったせいかさほど痛くもなく、30分ほどの存外にあっさりとしたものだった。

ともあれ今回の件で、頭だけでなく内臓のMRI検査も受け、血液検査も受け、おかげで血糖値が高く糖尿病になりかかっていることがわかった。原因はひとえに過度のアルコール摂取によるもので、今後は酒をひかえ、薬を処方してもらいながら対処することになった。一病息災。私は健康診断というものを10数年に1度くらいしか受けたことがないので、この度は人間ドックに入ったようなもので結果的には大いによかった。ケガの功名ともいえようか。

最後に今後の酒と煙草であるが、これを機会にすっぱり止めるかというと、私はそんなヤワな男ではない。一度はじめたことを途中で止めるような意志薄弱ものではない。今後も適度にたのしみたいとおもう。なにしろ私だって、頭蓋骨と脳のあいだにたっぷりと溜まった血の海をモニターで何度も見せられたのである。もう強い酒をがぶがぶと飲むような無茶はしない。ほどほどに嗜みます。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

TAGOSAKU

渡辺さんの今回の事の顛末を奥さんに話したら、
「水割りでも、もう飲んじゃダメでしょ!
ちゃんと禁酒するように言ったほうがいい!」
と言われたことは伝えておきます。

糖尿病の初期段階で見つかったのは良かったですね。
糖尿病が進行すると、立つものも立たないと聞いたことがあります。
進行具合は、そこでチェックしてください。
それでは、ご自愛ください。
by TAGOSAKU (2017-02-25 23:56) 

KEVIN

ご帰還おめでとうございます。
強い意志を持ったタフな男なら、やめる勇気を持ってるはず、逆じゃねーの?とも思いましたが、まあいいや。
ご自愛ください。

by KEVIN (2017-02-26 00:23) 

楽園O

渡辺さん、三途の川に片足浸かって帰って来たのですね。
その生命力の強さ、運気の強さ、そして反省の無い欲望の強さ、
身勝手な意志の強さ、脱帽ですね。
「強々(つよつよ)として死にげもなかりければ、」という今昔物語の
毒キノコ食べてもでも死なない老僧の話を思い出します。
弱気な節制は凡人の慣い、強気で長生きして下さい。
帰還祝いに一献お誘いしたいところですが、もう少し待ちましょう。
by 楽園O (2017-02-26 15:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: