So-net無料ブログ作成

大工のウィリー

どうしているかな、とときどき思いだす。ニュージーランドに住んでいたとき、よく一緒に釣りに行った。ワハハッと笑いながら、ずいぶんビールとワインを飲んだ。とにかく、ワイルドな男だった。釣りも、狩猟も、本物だった。映画「クロコダイル・ダンディ」みたいな男だった。彼と会わなかったら、私はこんなにニュージーランドを好きにならなかったであろう。もう、彼とは何年も連絡をとっていない。連絡をとらなくても、おたがいに強いきずなをもっていると知っているからである。

大工のウィリー。鷲鼻の陽気な岩のような体をもった男。彼はスコットランドから少年時代に移民船でNZに移住し、中学校を出てから大工になり、ダム工事などの仕事につき、その後は沖中師などの荒っぽい仕事をつづけてきた。我われは、50歳のころに出会った。彼は沖中師をやっていたので、日本の船乗りに非常に悪い印象をもっていた。日本人はとにかく煙草を吸いながら、NZ人にえらそうに指示し、ユーモアの一切通じない人種だとおもっていた。

弁護士のクリスの紹介で知りあい、初めて3人で釣りに行ったとき、車の中でウィリーは日本人の悪口を言いつのっていた。クリスは「おいおい、後ろの席に日本人がいるんだぞ」「日本人に英語はわからないさ」。それが釣りをしたら、我われは親友になっていた。日本人なのに、冗談をいう私を面白いとおもったらしい。日本人にも、ユーモアがわかる人間がいるのかと。私は英語がヘタクソだが、冗談はいえる。

そこから、我われは親友になった。なんども、なんども一緒に釣りをした。大きな鱒を釣りあげ、大笑いした。釣り小屋で、大酒をくらった。

私が日本に帰ると知ったとき、その広い背中をガックリと落とし、とぼとぼと帰っていった姿がいまも目に浮かぶ。

友人は少なくていい、本当の友人が何人かいてくれたらいい。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

j's fly

 私はflyの雑誌であなたの存在を知り、あなたの文章を読みとても面白いと思い、又共感している読者の1人であります。「大工のウィリー」当然私は本人の事、知りませんがなんか懐かしく思います。私はあまりパソコンに依存した生活をしていない為このホームページの存在を最近知りましてザックリ読みました今、佐々木譲氏のサンクスギング・ママ読んます。非常に良いです。ありがとうございます。
by j's fly (2017-06-30 14:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0