So-net無料ブログ作成
検索選択

ほっとくということ

イチジク、花をつけずに実をつけるので、日本では無花果という字をあてられた。13世紀ころ、ペルシャからインド、中国を経て日本に伝わったとされている。

昨年の春、ベランダに大きな鉢を置き、そこにイチジクの木を植えた。高さは1メートルくらいだった。今年は1メートル50センチくらいになった。そして、もう30個くらいの実をつけている。

しかし、この3日くらい前からである。5裂の大きな葉がばらばらと落ちはじめた。濃い緑の葉がいっきに黄色くなり、散るのである。もう半分以上、落葉した。私は散った葉を片づけながら、なぜいきなりこうなるのだろうと不思議だった。

そして先ほど、ベランダにしばらく立って考えた。水も栄養もほどよくあたえている。まだ小さな木だが、直径3センチくらいの実がどんどんできている。それを見ながら、ハッと思うところがあった。そうか、これは母性愛なのだ。次から次に実が生まれるので、母なるイチジクの木は葉にまわる栄養を子どもの果実にまわしてるのだ。その結果、太陽の光から栄養をとるための葉っぱを犠牲にしているのだ。これは子どもに愛情を与える母の本能であろう。

さて、では私はどうしたらいいのだろうか。でも考えると、イチジクだってもとは野生の果実であろう。原産地は自然条件のきびしい中東である。ほっとくのがイチバンいいのであろう。そのうちまた葉をつけながら、実を大きくしていくとおもう。夏の盛り、それをもぎ、冷蔵庫で冷やして、私はありがたくガブリといただく。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

赤坂見附のバーカザフのひとり娘

初めてコメント書きます。無花果が好きなのでコメント書いてしまいました(笑)私は無花果が好きですが未だに育てた事はありません(汗)今のところはヒマワリを植え立派に育ち花を咲かせたくらいです。渡辺さんは私の事知らないと思いますが、私は父や母から若き渡辺さんの事を色々お聞きしています。だいぶ昔の事なので覚えてらしゃるかは分かりませんが、両親は赤坂見附でカザフというバーを営んでました。渡辺さんはお客様として来ていたと聞いています。渡辺さん以外にもサントリーの方も常連さんで来ていたと聞いています。あれから数十年経ち、父に文才を褒められて、コピーライターの渡辺さんの所に修行しにいたらいいと言われた事があります。母にも同じ事を言われました(笑)今は勉強の為に渡辺さんのブログを読んで学んでおります。ご病気なさって入院したと掲載されてましたがそのご体調はいかがですか?今年の夏は暑くなりそうなのでお身体ご自愛下さい。またコメント書きます。では、失礼致します。
by 赤坂見附のバーカザフのひとり娘 (2017-07-08 15:23) 

渡辺裕一

いやはや、驚きました。ときを越えた手紙ですね。
あなたのご両親は、「娘が生まれたので、夜の遅い水商売を辞めます。これからは子育て優先です」といって店を閉められました。お母さまは、ずいぶんお腹が大きくなるまで店に出ていらっしゃいましたよ。
カザフには、毎週通っておりました。そうそう、店がはねたあと、ぼくのアパートでご両親と朝まで飲んだこともありました。みんなまだ30代で、青春していました。
ご両親に、くれぐれもよろしくお伝えください。ぼくは頭のケガもなおり、あいかわらず酔いどれています。

by 渡辺裕一 (2017-07-08 21:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: