So-net無料ブログ作成

九十九里

来月、8月の半ばに、私はGと千葉の九十九里に旅に出る。友人のK君が、そこに棲み、焼き釜をかまえているのである。彼の本業は写真家だが、なかなかの陶芸家でもある。

そのK君がいうには、九十九里はとにかく海の幸がうまい、とくにいまはハゼがべらぼうにうまいという。天ぷらにしたら、ひっくり返るうまさだという。それが、近くの浜でがんがん釣れるのだという。釣り竿は4本用意してあるという。

そこまで言われたら、行かずにはいかないでしょう。

東京駅の八重洲口からバスで1時間ちょっとだという。電車でも、そんなもんだという。

行ってきます。釣ってきます。飲んできます。2泊3日の小さな旅。ワクワクしてます。

私は、とにかく湘南嫌いの、房総好きなのだ。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

K

ハゼはこれからシーズンを迎えます。東京湾で釣れるハゼとの大きな違いはサイズです。サイズと魚の知恵は比例します。
そして地元のハゼ釣り師言わく、「昔は餌の代わりに赤色の布切れをちぎって針に付ければ、釣れたもんだよ。今はもうハゼが賢くなり一度飲み込んだ餌を吐き出す始末。でも数年前には東京からバスツアーを組んで、ハゼ釣りをしに来たもんだよ。30センチのハゼが釣れるからね。」
晩秋の頃には確かに今でも釣れる可能性があります。
肉厚!ふあふあ、ほこほこのハゼの天ぷらはなにせ絶品です。
お楽しみに。

by K (2017-07-26 21:56) 

KEVIN

ほほう。それは楽しそうですね。
ハゼは顔に似合わず本当に上品な味で、特に天ぷらはうまいです。

by KEVIN (2017-07-28 01:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0