So-net無料ブログ作成
検索選択

時計

太田和彦という居酒屋評論家がいる。先日、久しぶりに彼のBS番組を見たが、相変わらずの気どりっぷりであった。札幌を飲み歩くのであるが、わが故郷を汚されているような気分になった。とにかく、酒にも肴にもエラそうな御託をたれるのである。

彼は、元資生堂のグラフィックデザイナーだったらしい。20年ほど前、友人のT君の車に乗っているとき、FMラジオでとにかく気どったやつがベラベラと喋りまくっていた。T君と「何だ、コイツ!」と話していたら、最後に太田和彦という名前がわかった。広告業界には、こういうカン違い野郎がときどきいる。

さて、そのBS番組だが、カウンターで生意気な口調で話している太田の手元を見ると、何だかギランギランのブランド時計をつけている。時計は、その人間の本性をずばりと現す。その人間の程度をあからさまに現す。自分に自信がない人間ほど、ブランド物の時計を身につける。わかりやすい。

居酒屋評論家として先鞭をつけていた太田だが、あとから現れた吉田類に一気に差をつけられた。吉田類の謙虚な態度に世間は好感をもったのである。

皆さん、時計には気をつけましょうね。


浪人

私は、浪人である。毎日、酒を飲んで、ぶらぶらとしている。金もないのに、無為な生活を過ごしている。明日をも知れぬ素浪人である。

先日、何かで漱石が晩年に友人にあてた手紙で、「浪人でいいんです」「私も浪人です」という文章を読んでホッとした。自堕落を許してくれるものだった。ま、それも自らを慰めるだけの自堕落なものだが。

一昨日、久々に銀座に行った。4丁目のライオンビアホールに寄ったら、すっかりデニーズみたいな味気ない内装になっていた。何を考えているのだろう。いい店だったのに。仕方ない。7丁目のライオンに行き、ビールとフイッシュ・アンド・チップスをたのむ。

あ、その前に、銀座シックスに寄り、バーブアでコートや帽子に塗るオイルの缶詰を買った。しかし、約3000円と高い。ロンドンだったら、1000円くらいだろう。すごい立派な紙袋に入れようとしてるので、「紙袋はいりません」と言った。こういうことで、日本はなんでも高くなっているのだろう。

そのあと、新橋で友人の石田君の営んでいる「いろり村」で飲む。となりあったムラカミさんという面白いオジサンと会話がはずみ、かなり酔って帰宅。沈没。

たまには、小さな旅もイイもんだ。